« 本日!ラジオで講座のご紹介♪ | トップページ | アロマ・ハーブ講座2無事に終了〜♪ »

2011年7月14日 (木)

スギナ・ホーステイル

みなさん、こんにちは♪ 今日はガーデン/畑の「きらわれもの」のスギナ(英名:ホーステイル、学名:Equisetum arvense)のすごさについてお伝えしたいと思います。夏の間、雑草を抜くときに必ずやっかいものとして登場するスギナ、みんなにいつもぶちぶちっと抜かれてそのままポイされているスギナ、実はハーブとしてはとっても重宝されています。

きれいなみどり色のスギナは「栄養茎」という茎と葉からなる部位を薬用として使います。民間療法などでは根も使われているようですが・・ハーブティーとして飲まれるのはこの「栄養茎」の部分です。
利尿、収れん、止血、組織治癒などの作用があります。

いろーーーんな使い方ができるのですが、まずはハーブティ。煎剤(煎じて飲むこと)。そして、使いやすいのは、乾燥させたスギナを粉にして料理などに混ぜたり、外用(パックなど)で使う方法。

穏やかな利尿作用があり、体内に溜まった毒素の排出を促します。泌尿器系の不調がある場合は、スギナティーを試してみるといいかもしれません。尿道炎、排尿時の痛み、失禁、こどものおねしょの改善、前立腺肥大の予防などに♪イギリスのハーバリストであったカルペパーも、スギナの煎剤を排尿痛や結石に使ったそうです。

リューマチ、通風にも・・

そしてスギナで特徴的なのはシリカ(二酸化ケイ素)やカルシウムを含むハーブということ。弱ってきた爪や髪の修復を助けてくれるので「最近なんだか髪にハリ、コシがない・・」「爪がこわれやすい」という場合もきっと助けてくれるはずです^^

他にも、月経過多や肺や胃からの出血に使われることも。女性特有の悩み、婦人病には、外用としてスギナの腰湯をするのもいいですよ〜

薬用としてスギナティーを作る場合は、たっぷりと3g程のスギナに150mlの熱湯で15分程しっかりと抽出してくださいね。それを1日3回、食後に飲みます。そのくらいの量であれば、特に問題はないと思いますが、「心臓または腎臓の機能不全には禁忌」としている書籍もありますので、気になる方はかかりつけのお医者さんに確認してくださいね〜

スギナティーのお味は、「美味しい〜〜〜♪」ってわけではないですが・・・、結構普通に飲めます。ちょっと苦味を感じる方もいるかもしれません。

そのうち「ガーデンのきらわれもの(でも実は使えるハーブ)シリーズ」として、オオバコなどもご紹介していきたいな〜と思います。

うーん。こうやって書いているうちに、スギナがまた飲みたくなってきました・・・(単純)スギナのリクエストをくださったY子さま、ありがとうございました。

|

« 本日!ラジオで講座のご紹介♪ | トップページ | アロマ・ハーブ講座2無事に終了〜♪ »

ハーブ」カテゴリの記事

コメント

昨日アポママとスギナの悪口話したばかりだったので、ちょっとビックリ(^_^;)少しスギナを可愛らしく見えるかな

投稿: rei | 2011年7月14日 (木) 09時00分

情報、ありがとうございます!
早速庭から「やさしく」取ってきて、「大事に」乾燥させてあげよう(笑)
ちなみに、ミントのようにフレッシュなものはティーにはならないのかな?(横着なだけ?)

投稿: Y子 | 2011年7月14日 (木) 09時51分

>reiさま
アポママとの会話、聞こえてたよ〜(笑)うそです。
わたしも昨日フレペでぶちぶち抜いてました〜笑
でも、あれだけ生命力があるってことは、そのパワーを使わせてもらわない手はないですよね!

>Y子さま
ぜひともY家のレシピにスギナ料理も加えてください〜
ご飯にまぜて炊いても、パンに練り込んでもいいみたい。
フレッシュも、シーズンにはどんどんティーにするとよいと思います♪美味しいですよね。
でも薬用としては、ドライのほうがおすすめです。

投稿: M | 2011年7月14日 (木) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514640/40803797

この記事へのトラックバック一覧です: スギナ・ホーステイル:

« 本日!ラジオで講座のご紹介♪ | トップページ | アロマ・ハーブ講座2無事に終了〜♪ »